スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日更新?】対準備技能調整の予想

こんばんは、いまなかせーじですぬこさざえ

先週の水曜に第四陣の実装が決まり、来週の水曜には実装されますね。

明日には第四陣の続報で技能調整の関係が主に掲載されることになるかと思いますが、

よくブログの題名を見てますと気合ダメージが減少方向に調整されることにより

準備に対する対策が問題視されていたりします。

合戦、小田原では陰陽の☆からの全体術

生命が高く硬い敵に一回の準備で数万が回復してしまったり

敵のチート加減が目立ちます。

現状の仕様のまま、気合ダメージの調整だけとられると

それこそ今以上の固定特化となってしまいますね。

今回は私なりに技能調整の方法の妄想をお届けします。

なお、もしかしたら他のブログでも予想されているかもしれませんが、

一切見たりしておりませんので、完全に個人での見解です。



まず先に現状の準備に対する対策を出してみます。





共通技能

みね打ち
命中にやや難あり。守護に阻まれるため、盾の守護が発動する状況であると不安。
ダメージも絶望的。

沈黙
知力付与がなくとも準備に対しては想像以上の確率で刺さるため、
守護が発動するであろう場面には選択肢に十分入る。
しかし「武運長久」「戦勝の理」などの「予防」には準備中であっても絶望的。
また一度刺さると上記の行動をとられることもある。


武芸

天地二連
特化における現在の主な術止め。相手に結界がなく、自身が怪我でなければ大抵止まる。

剣風斬
侍唯一の守護抜け間接物理攻撃。しかし素でも止まらないこともあり、
結界を張られていると絶望的。


軍学

なし。活殺と全体麻痺くらい。


武士

我武者羅系
準備に対してはみね打ちと同様。
みね打ちよりやや命中が安定した技能。痛い敵の定期的な痺れにも有用。





共通技能

一喝
知力依存であるが、技能個体の成功率がいまいち。


僧兵

飛天発遣撃
特化における現在の主な術止め。結界がなく、怪我でもなければ大抵止まる。
近接物理なので守護される。

大喝
知力付与をしていると高確率で決まる。
しかし小田原などの敵の異常なステータスの前では入らないことも。


仏門

なし。


密教

愛染明王法
私は持っていないので成功率はわかりませんが、
魅力依存なので知力依存の一喝のほうが優勢?



神職

共通技能

金縛り・まどろみ・子守唄等
一応止めにはいけますが、結果はどうなるかは神のみぞ知るセカイ。
しかし子守の小田原での入らなさは異常…
子守が多数に決まったときの快感がいいのに殺してしまった感じ。


シンテン

天照の光矢
結界・怪我がなければ間接ということもあり、有用。

連射系
確率で痺れあり。結界等で天照でも絶望的な時に。
しかし月弓の効果が無くなる…


コシン

神気撃
自身の最大気合によって止まる確率もアップ。
しかし小田原では敵の気合が異常に多い…

雅楽

大音響
ウェイトも軽く、ほぼ確実に決めることができる。
味方も痺れとなるため、状況によっては不利を招く恐れもあり、
これをいかに使いこなすかが雅楽の骨頂であるだろうか。

不和の唄
魅力依存なので魅力があればなかなか高い成功率を誇る。



陰陽師


共通技能

金縛り・催眠
小田原等では入るとラッキーな程度。
殴った方がいいときもある。


陰陽道

術止めは基本的に必要なし。
しかし完全系であれば状況によっては運に任せるときも…

召喚

自身で術止めにいくより式神・攻のほうが成功率は高い。
しかし強敵は基本姫であること、
式神の攻撃頻度は2ターンに1ターン程度なので、毎回期待できない。
味方が止めれるものに反応するのはお約束。


仙論

禁呪・絶
守護のある敵であると物理で止めるよりこちらの方が信頼度は高い。
魅力もガン積みできるので釣りには強く、阻止されることも少ない。


忍者


共通技能

痺れ切り
準備に対しては侍のみね打ちに同じ。
命中が高く、気合消費が多い。

沈黙
侍の沈黙に同じ


暗殺

電光石火からの痺れ系
暗殺独自の対処法。効果時間とあとは釣りに耐えれるかどうか。

術封じ
一定の確率で刺さる沈黙。気合消費も激しく、バー1つで解除されるため、
気合があると再度準備されることもある。


術忍

金縛りの術
守護の有無によりsと使い分けることができる。
また沈黙に対して予防されている際での間接的な術止めにもなる。
成功率が高いのも良い。


忍法

封殺手裏剣
恐らく全技能の中でもトップクラスに入る信頼度の高さ。
間接であるので、唯一の釣りを防げば任意の場所に術止めをすることが可能。
準備止め専用の技能のため、個体の命中率は低い。

乱れ吹き矢
釣られたときでのある程度運に任せての止め行動。
命中すると痺れの確率もある。


鍛冶


共通技能

止めに使える技能は殴ることだけ。


鉄砲

速射
ウェイトが軒並み重い鉄砲の低ウェイト間接対準備技能。
しかし実際のところは順番がまわってきたときには敵の気合が充填して
止まらないことが多い。土竜攻めではウェイトの加減でいけないときに発射するくらい。

土竜攻め
間接のため、近接と比べ守護の影響がないために非常に使い勝手もよい。
結界・怪我でなければ大抵止まる。


薬師

術止めの技能は一切なし。
回復・各特化独自の行動に専念しよう。


傾奇者

喧嘩切り・双光刃(殺陣・能楽)
止めに対しては殴ることで敵の気合を0にするしかない。


演舞

痺れ切り
忍者に同じ。ただしウェイトが槍もちのため若干重い。

天地・天衣・鬼舞
結界・怪我でなければ大抵止まる。
技の威力により鬼舞の気合ダメージが大きい。

飛爪放鷹
演舞唯一の間接物理攻撃。実体は武芸の剣風斬と同程度。




疲れた…

午後の仕事中に思いついて1h程度で纏め上げたものなので必ず穴はあります。

ご了承ください。また個人の見解であるということです。

現状、アタッカーと呼ばれる特化は、準備に対してはメインのダメージソースの技能で

対応しているのがほとんどであるということですね。

そして「gamewatch」でのインタビューから、

現在ほぼ使用が無い技能に対してなんらかの措置をとるということです。

ここからが私の予想ですが、アタッカー職と呼ばれる職それぞれに

気合ダメージが減少する代わりに準備に対する阻止しやすい技能へと

仕様変更する技能が生まれるのではないか、と思っております。

面白いと思うのは「守護抜け・ダメージ小もしくは中で気合ダメージは無し、

準備中の敵に命中させると問答無用で準備中断」

ほとんど忍法の封殺に近いですし、これだと忍法独自の技能が無くなり、

個性が一つなくなってしまうという問題はありますが、

現状では敵の釣りが異常なこと、敵の盾が異常に硬く、

守護のでる範囲が大幅に広いという問題。

もう一つは敵の一個の準備がチートなほどの性能のため、

通してしまうことで攻略が段違いに難しくなります。

釣りに関しては魅力如何と運に頼るしかありませんが、

準備に対してはなるだけ止めれる状況を作ってほしいですね。


もうちょっと自論を展開したいところですが、

各職ごとの技能を作るのに労力を費やして疲れたので

とりあえずここまで!

ツカレター


スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online~新星の章~
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いまなかせーじ

Author:いまなかせーじ
信長の野望online
萌黄鯖 雑賀衆
所属一門「熟々おでん塾」
城下町「今中家」

メインキャラ
今中 勝頼 (軍65)
今中 景霞 (術65)
今中 吉継 (兵65)
今中 茉莉花(鎧64)
今中 五郎八(雅64)
今中 桂林 (芸62)
今中 誠治 (士61)
(ほかにもいます)

アクセスカウンタ
最新記事
最新コメント
リンク
べるるんリーダー
信長の野望onlineの最新記事を記載されたブログを確認することができます。
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。