スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武将列伝】魔法使いコジーちゃん

こんばんは、いまなかせーじですぬこさざえ


よろしければまずコチラをご覧ください。





本日の武将列伝は、知る人ぞ知る
この方







2011y06m25d_164905609.jpg



2011y06m26d_184307531.jpg





果心居士(かしんこじ)」です。

名前・生没年は明らかにされておらず、完全に「謎の人物」です。
実在事態も疑問視されています。
居士というのは、現在では戒名につく尊称として馴染みがありますが、
当時は僧籍に身を置いていた者や信者のことを意味しており、
いわゆる通称ってことですね。そういう意味では「七宝行者」とも。

またこの人は武将ではありません。
ただ、この人のことを知らない人でも、信onで会話したら
只者ではないことはわかるでしょう。

果心居士は、いわゆる「幻術士」であると言われています。
当時においても幾人かの武将と面会し、
中には幻術も披露したことがありますが、
そのほぼ全ての武将から危険視され、
殺害されかけることもありましたが、
見事にかわしていきました。
有名どころでいうと織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・明智光秀
などの超有名人のほか、
歴史上に初めて姿を見せたときには戦国時代の三大梟雄(きょうゆう。残忍の意)の一人、松永久秀と面会したことなどから、主に畿内を中心としていたようです。

いつもでしたら年代ごとにお話しておりましたが、なにぶんこの人の資料があまりに少ないため、今回は主に幻術の内容などを紹介していきます。






☆果心居士の幻術☆



①.沢の池の水面に笹の葉を放り投げると、たちまち笹の葉が魚になって泳ぎだした。

②.①の術を見ても信用しない男の歯を爪楊枝でひとなですると、歯が抜け落ちんばかりにぶら下がった。

③.松永久秀とは特に親交があり、久秀が「幾度も戦場の修羅場をくぐってきた自分に恐ろしい思いをさせることができるか」と挑んだところ、数年前に死んだ久秀の妻の幻影を出現させ、震え上がらせた。

④.豊臣秀吉に召されたとき、果心居士は秀吉がだれにも言ったことのない過去の行いを暴いたために不興を買い、捕らえられて磔に処された。が、このとき果心居士はネズミに姿を変えて脱出し、それを鳶がくわえてどこかに飛び去ったという。




と、よく紹介される幻術はこのようなものです。

内容を見ていただいて、なにか気付くことはありませんか?









よく考えてみると、現代でも上記と似たようなことを
聞いたり見たことがあると思うのです。

実は奇術、いわゆるマジックでよく上記と
似たようなことがされたりしておりますね。

なにも入ってないように見える箱から鳩などが飛び出したり、
マジシャン自身が密室の箱に入って、
箱が開くと別の動物が入っていたりなどなど…



奇術の歴史は以外に古く、日本では奈良時代には中国の唐から仏教と共にその原型が輸入されているそうです。
三国志をよくご存知の方であれば、左慈や張角三兄弟などを思い出していただけるとよくわかるのではないかと思います。



また、安倍晴明などの陰陽師も実は奇術を用いていたのではないかと
言われております。
信onでも陰陽師は大活躍してますが、森羅天翔も見えないワイヤーで
吊るしてもらってるのでしょうかねw



と、実は奇術というのは昔から存在しているわけですね。
しかし何も知らない人間からすると、
不気味なことこの上ないことはたしかです。
現代では簡単なマジックであればタネあかしはされておりますが、
基本的に奇術師にとって奇術を見破られたり、知られたりしてしまうことは
なにより避けなければならないこと…
会社であれば最重要機密が漏れてしまうことに近いわけですから。
奇術の歴史は古くとも、奇術師以外は
原理を知らない人間だけであるでしょうから、
何をしでかしたり、企んでるかわからないと考え、
近寄らせない、近寄らない、
最悪殺害するという判断に出るのも仕方の無いことかもしれませんね。




さて、奇術で説明できるものはありましたが、③の「松永久秀に妻の幻影を見せて恐怖させた」はどうみても奇術だけでは難しく思います。
私は恐らく「催眠術」によるものではないかと思っています。
同じく戦国時代に幻術を駆使した「加藤段蔵(かとうだんぞう)」という者がおり、上杉謙信、武田信玄に仕えたいと思い、幻術を披露しましたが、危険視した信玄に殺害されたのですが、彼は「呑牛(どんぎゅう)の術」という術を修得
していました。
その術の内容は、観客を呼び集め、持参していた牛を指して「今からこの牛を呑む」といい、ゆっくり呑みこんでいくというもの。
どうやっても無理ですよね…物理的に…
しかし、その術の最中、遠くからこれを見ていた人間がおり、その人は「彼は、牛にまたがっていただけだった。」と言っています。
奇術よりも集団催眠をかけた、
という方がしっくりきそうな気がするのです。
③についても、果心居士が催眠術を会得しているなら、
奇術で「怖いかどうかもわからない死んだ妻の幻影を出す」よりも
催眠術で「松永久秀の心理に働きかけ、怖いと思っているものを幻影に出す」としたほうが簡単ではないかと思うのです。


ということで彼は奇術・催眠術使いだった!?ということにしておきますw


スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online~新星の章~
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いまなかせーじ

Author:いまなかせーじ
信長の野望online
萌黄鯖 雑賀衆
所属一門「熟々おでん塾」
城下町「今中家」

メインキャラ
今中 勝頼 (軍65)
今中 景霞 (術65)
今中 吉継 (兵65)
今中 茉莉花(鎧64)
今中 五郎八(雅64)
今中 桂林 (芸62)
今中 誠治 (士61)
(ほかにもいます)

アクセスカウンタ
最新記事
最新コメント
リンク
べるるんリーダー
信長の野望onlineの最新記事を記載されたブログを確認することができます。
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。